【メモ】『令和5年度政策シミュレーション国際会議「コネクションズ・ジャパン2023/24」』参観/2024年1月

 2024年1月、ウェビナー『令和5年度政策シミュレーション国際会議「コネクションズ・ジャパン2023/24」』をオンラインで視聴した。
 箇条書きでメモを。写真はない。

・「政策シミュレーション」「ウォー・ゲーミング」というので、ウォーゲームに近いものかと思っていたが、視聴する限りでは、TRPG的な要素があり、GM(ゲーム・マスター)のいる"Diplomacy"という印象を受けた。

・判定のダイスは20面体を1個使い、国ごとの修整を加える。高い方が成功。成功度によって結果の変動あり。

・ダイスが、国ごとにそれぞれの色(レッド国は赤いダイス、ブルー国は青いダイス……)が用意してあって、良い。

・20面体で2連続で20が出て沸いていた。昔ASLでクルスク戦のシナリオを対戦していて、3回連続2D6で12を出して、車両が始動に失敗して1両も動けなかったときのことを思い出した(このゲームでは高い方が良い結果だが)。

・移動フェイズは各プレイヤー同時進行、ということだけど、相手の移動を見て動かしたいプレイヤーがいたりしたらどう処理するんだろうか。ウォーゲーマー的には、行動の宣言と処理の手順が気になる。

・机と椅子が、千葉会の会場の一つである松戸市民会館に似ている。

・ウェビナーは時間の関係で、6ターンのシナリオの3ターンまでで終了となった。本格的な交戦が発生して、これから……というところまでだったので、残念。
以上
関連記事

コメント

非公開コメント