【速報・対戦写真】ASL"The Closer[AP142]"対戦写真

2021年5月の千葉会でASL"The Closer[AP142]"を対戦。
ドイツ軍が攻撃側、カナダ軍が防御側のシナリオ。
わたしがカナダ軍を担当し、勝利。

写真13枚。キャプション付。

水色のコマがドイツ軍、ベージュのコマがカナダ軍(英連邦)。

↑ 開始時。涸れ谷はシナリオ特別ルールで小川となる。

↑ ドイツ軍第1ターン移動フェイズ(MPh)中。東側でドイツ軍の半個分隊を、M4シャーマン戦車の射撃が1ゾロを振って吹き飛ばす。しかし、これで独軍狙撃手が活性化、西側のM4シャーマン戦車の操作班に命中し、「麻痺・帰還」となってしまった

↑ カナダ軍第1ターン終了時。第二波のドイツ軍を警戒し、カナダ軍はあまり動かない。

↑ ドイツ軍第2ターン終了時。M4戦車が帰還して、中央に火制できない部分ができている。そこに、独軍歩兵が入り込んでいる。

↑ カナダ軍第2ターン終了時。左翼のカナダ軍戦車は、パンツァーファウスト能力を持つドイツ兵が近づいてきたため、陣地転換している。

↑ ドイツ軍第3ターン移動フェイズ(MPh)終了時。ドイツ軍はカナダ軍右翼にAFVを重点投入してきた。オーバーランで歩兵は蹂躙され、M4戦車も取り囲まれている。

↑ カナダ軍第3ターン移動フェイズ(MPh)終了時。カナダ軍は右翼を手当てしようとして、PIAT分隊を前進させるが、逆にIV号戦車に撃たれて混乱してしまう。

↑ ドイツ軍第4ターン移動フェイズ(MPh)終了時。カナダ軍プレイヤーは、右翼からドイツ軍AFVが雪崩れ込んでくることを恐れた。しかし、ドイツ軍戦車隊は、素通りして、突破のため盤端をめざした。

↑ カナダ軍第4ターン移動フェイズ(MPh)中。林とボカージュの隙間を縫って、独軍パンター戦車とカナダ軍シャーマン・ファイアフライ戦車との間にLOS(Line Of Sight;視線)が通っていた! 

↑ カナダ軍第4ターン移動フェイズ(MPh)終了時。臨機射撃と移動中射撃の対決は、カナダ軍の勝利となった。車体側面を撃ち抜かれたパンター戦車が炎上している。

↑ ドイツ軍第5ターン終了時。右側盤端からの突破を図ったドイツ軍戦車隊は、先頭のティーガー重戦車が林でBogって行き詰まっている。

↑ カナダ軍第5ターン終了時。左翼は食い止めているので、右翼の突破の阻止に部隊をシフトさせようとする。ところが、ボカージュ越しの射撃で2個分隊が混乱してしまう。なんとか、10-2指揮官のスタックとM4シャーマン戦車1輛を、ドイツ軍の突破する盤端を撃てる区域に移動させた。

↑ ゲーム終了時。ドイツ軍のティーガー重戦車がBogの解消の試みに失敗、ドイツ軍の敗北となった。後日、ティーガー重戦車は高接地圧ではないため、Bogっていなかったことが判明。しかし、ルールA.2が適用され、結果は覆らない。

 後日、対戦記録を書いて公開したい。

以上
関連記事

コメント

非公開コメント