【速報・対戦写真】ASL"No Time to Bleed[BoF17]"対戦写真

2021年4月の千葉会でASL"No Time to Bleed[BoF17]"を対戦。
ドイツ軍が攻撃側、ソ連軍が防御側のシナリオ。
わたしがソ連軍を担当し、勝利。

写真12枚。キャプション付。
水色のコマがドイツ軍、茶色のコマがソ連軍。

↑ 開始時。ソ連軍プレイヤーは、隠匿配置の砲2門を、中央の林(矢印)に配置。左右を撃てることと、中央の林の列を伝ってきた敵歩兵を止めることを企図した。

↑ ドイツ軍第1ターン終了時。ドイツ軍は、ソ連軍前衛を順調に無力化し前進した。

↑ ソ連軍第1ターン終了時。ソ連軍は残った前衛を撤収させて、増援の戦車を林に入れて備えた。シナリオ特別ルールで、ソ連軍戦車は林に入ってもBogにならないので、利用している。

↑ ドイツ軍第2ターン移動フェイズ(MPh)終了時。起動に失敗し、ティーガー重戦車1輛とパンター戦車1輛が走行不能となっている。

↑ ソ連軍第2ターン終了時。中央にドイツ軍が進出しているのを手当てできていないように見える。しかし、ソ連軍プレイヤーは、砲2門が隠匿されているから保持できると考えていた。

↑ ドイツ軍第3ターン移動フェイズ(MPh)終了時。ドイツ軍は戦線の薄い中央に寄せてきたが、隠匿されていた林に高射砲や、後方に控えていたT-34-76戦車の砲撃でこれを食い止めた。

↑ ソ連軍第3ターン終了時。増援のT-34-76戦車を左翼から登場させる。独軍のパンター戦車を6輛で半円状に取り囲み、一斉射撃。1輛が側面を捕らえて、撃破する。

↑ ドイツ軍第4ターン移動フェイズ(MPh)終了時。ドイツ軍は、ソ連軍右翼正面のティーガー重戦車を左翼へとシフトさせた。ソ連軍は、これを予期していなかった(右翼正面から突破を狙ってくると想定していた)。視界内に入ったT-34-76戦車は、機動の試みで逃げる準備をする。

↑ ソ連軍第4ターン終了時。ソ連軍のT-34-76戦車の1輛が破壊されるが、他は無事に後退できた。中央でも高射砲がドイツ兵を撃退し、ソ連軍プレイヤーは人心地つく。独軍の車輌が減っているので、突破の阻止は難しくないと考えていた。

↑ ドイツ軍第5ターン終了時。ドイツ軍は諦めず、勝利を狙ってくる。SS兵の大火力で高射砲の操作班を混乱させ無力化。この強力な対戦車能力のある砲を沈黙させたところで、ティーガー重戦車を前進させてきた。ソ連軍の残された戦車では勝ち目がない。
 しかし、ソ連軍の76ミリ野砲が林に隠匿されている。ティーガー重戦車を側面から撃てる位置だが、射界は逆向きだった。防御射撃フェイズ(DFPh)に射界を変えて撃つ。これは当然外れた。次のターンに持ち越す。

↑ ソ連軍第5ターン準備射撃フェイズ(PFPh)終了時。ソ連軍の76ミリ野砲の射撃がティーガー重戦車の側面に命中する。ティーガー重戦車は撃破された。勝利条件の達成が不可能となり、ドイツ軍プレイヤーが投了。ソ連軍の勝利となった。

 後日、対戦記録を書いて公開したい。

以上
関連記事

コメント

非公開コメント